テクノロジ

ブロックチェーン テクノロジー

スケーラブルで、ガバナンス可能で、スクリプト可能なブロックチェーン アーキテクチャー

(ja)Learn more about our technology in the Æternity protocol repository on GitHub.

産業グレードのコードベース 当社のコア ブロックチェーン コードはErlangで書かれているため、分散型、フォルトトレラント、ソフトリアルタイムで、高可用性のノンストップ アプリケーションを容易に開発できます。Erlangはゼロからブロックチェーンを書くのに最適な選択肢であり、優れた動作の安定性と性能を達成できます。
ブロックチェーンネットワーク æternityテクノロジーは無料で使用でき、簡単に組み込めます。MITからライセンスを受けているモジュールを利用しているため、ブロックチェーンコンソーシアムへの導入は容易で、開発者は自由かつオープンにæternityネットワークにアクセスして、æternityプラットフォーム上でアプリケーションを構築できます。後の処理はクロスチェーン アトミック スワップが行います。
AEトークン AEはæternityネットワークへのアクセストークンであり、æternityで消費されるリソースのアカウント単位として機能します。さらに、æonsはプラットフォームに実装されるすべてのアプリケーションのエネルギーです。ジェネシスブロック用のAEの初期量はイーサリアム上のスマートコントラクトによって決定されます。
STATE CHANNELS ステートチャネルは、きわめてスケーラブルな高価値のトラストレスな取引および純粋に機能的で、簡単に検証できるチューリング完全なスマートコントラクトを可能にします。ステートチャネルは取引の膨大なスループットを難なくサポートします。実行も決済もオフチェーンで行われます。つまり、それらの処理はメインチェーンと並行して行われ、紛争が生じた場合は、ブロックチェーンがパブリックな暗号通貨裁判所として機能します。
オラクル テキストとしてエンコードされているか、コードとしてエンコードされているかにかかわらず、大半のコントラクトの重要な機能は環境から価値を参照する能力です。æternityオラクル マシンは実世界のデータをブロックチェーンに提供します。個々のユーザーが環境に関する質問を発することができます。だれでも回答することができます。不一致が生じた場合は、コンセンサスメカニズムが働きます。
SCRIPTING LANGUAGES Aeternity has a high-level, OCaml based scripting language, Sophia, which can be formally verified, and a simpler language, Varna. Both natively support aeternity's first-class objects, such as contracts and oracles. While Sophia is more sophisticated, the gas usage of Varna contracts can be accurately estimated at compile time. Powerful, sophisticated contracts can be executed in both languages.
名前(DNS) Aaron Swartzの仕事およびNamecoinの路線に従って、æternityは、分散化と安全性の両方を実現しながら、ヒューマンフレンドリーで覚えやすい名前に対応している、使いやすい名前システムを特徴としています。ブロックチェーンのステートには、一意のヒューマンフレンドリーな文字列から固定サイズのバイト配列への個別にカスタマイズ可能なマッピングが含まれています。
アカウントとID æternityのアカウントは許可不要ですが、schema.orgのセマンティックWebスキームを介してカスタマイズすることも可能です。æternityネットワークでIDを作成して所有すれば、ウェブ上のどこでもそのIDを使用できます!